2006年02月01日

ひんやり。

縫いぐるみは好きだが、人形はあまり好きではない。

巫女をしていた祖母が、よく白い和紙を切り抜いて人型をつくっていた。
名前を書いて、それを焼いてお払いする事によって、その人の厄災を取り除くのだそうだ。

人形は、人を模った物だ。
人の想いを受け止めやすい。


ダンナの仕事は骨董屋。
古美術とまで行かない物は、オークションで売る場合がある。
先日、一つの人形を持って帰ってきた。
頭の部分だけが陶器で出来ていて、目にはガラスが使われている。
骨組みには木が使われているが、手足などは布製。

何処から見ても、こちらを見ている。
張り付くような粘着質の気配。
あ〜あ、またかいな。
古いものにはなにやしら憑いている事は多い。


所用を済ませ、2階の部屋を出ようとし、人形の脇を通り過ぎようとしたその時だ。
ぺたら〜んと、私の腕に冷たくひんやりした物が触れた。
見ると、人形の手が、私の腕に当たっていた。

布製なのにねえ…。
posted by ゆめ鼓 at 19:05| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とりあえず。

今まで見てきたもの。
見えるもの、感ずるもの。
何かに書きとめませう。
posted by ゆめ鼓 at 17:51| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。