2007年05月02日

れいかへ。

hanami07.jpg奴はまだ、納得していなくて。

自分が何故死ななくてはいけなかったのか、
死にたくなかったのに、死ななければいけなかった。

安楽死を選んだ事、安楽死させられた事は何故なのかは解っているのだけど。
私の想いも全て理解はしてくれているのだけど。

生きていたかったんだと。

だから、まだ、優しい暖かい所に行けずに。

父ちゃんが「俺の傍に来て、人を脅して楽しんでる。そんな事してる場合じゃないのになあ。」


他の方法は無かった。


毎日、迷わない様、傍に呼び寄せている。

さくらが逝く時には、一緒に逝けるかな?

もしも、それでも駄目なら、私が逝く時に一緒に行こうね。


待っててね。


今年も水木の花が咲いたよ。
posted by ゆめ鼓 at 18:39| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
待ってるのかなあ、かあちゃんを。
かあちゃんのそばに何十年もこの先ずうっといて、
そしたらそれだけ長い間一緒にいられるから。
かあちゃんを守ってるのかなあ。
Posted by Apimama at 2007年05月07日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。