2006年11月20日

南天。

家から一番近くの公園の際には、その隣の私有地から張り出した、
大きな大きな南天の樹が在る。
樹高20m以上、幹周りは1mを越す。

大きな樹の枝葉の下に立ち、真上を見上げると、
この時期、濃緑に赤い南天の実を無数に見る。

この樹には、確かに宿る大きな暖かいものが居る。
生きる者も生きた者をも、全てを癒す暖かさ。
こちらを包み込むその暖かい力に、何度助けられた事か。


数年前の今の時期、雨上がりに近くの川を通った時、
頭の中に悲鳴に近い叫びが届いてきた。

「苦しい冷たい、誰か助けてお願い助けて。」

川を見下ろすと、雨上がりの濁流の中、可愛らしいペットキャリー。
川岸に流れ着いた流木に引っかかって。
半分水に浸かったキャリーには、もう息絶えた猫であろうものが浮いていた。

あまりの惨さに涙が止まらなかった。

増水した川には下りていけない。
こっちへおいで、さあ早く、この手においで。
左の手を差し出し、ありったけの思いを込める。

その残されたものは一気に私の左手に届いてきた。

数週間、我が家の逝った者達と共に過ごさせた後、
その子を公園の南天に託した。

その子の気は、優しく大きな南天の樹にゆっくりと吸い込まれていった。

今度は幸せになるんだよ。

この南天の樹には、優しくたくさんのものが守られている。
posted by ゆめ鼓 at 23:11| Comment(8) | 見えたもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああ・・・
ゆめさんに見つけてもらってよかったなあ。
うちにも庭に南天がある。
お揃いだ。

うちの庭の南天に向かって手を合わせた。
届きますように。
Posted by Apimama at 2006年11月21日 22:22
ほんまほんま、見つけてくれたのがゆめさんで良かったね。
っていうか、ゆめさんじゃないと気づかなかったかも。

木はどの木もみんな優しいの?

Posted by こたりんまま at 2006年11月22日 06:50
Apimama、
捨てられた動物がどうなるか、
絶対に捨てちゃいけないの。
その南天の樹は優しいよ。
その子もちゃんと守ってくれてる。
今度生まれ変わるその時までね。

こたままさん、
さまよい続けると、戻れなくなる。
早く見つけられて良かった。

木はどの木も優しいよ。
年数を経た樹は、それ自体、力も持つの。
疲れたときは樹に触れて暖めてもらうと良いよ^^
Posted by ゆめ鼓 at 2006年11月22日 18:56
ほんとゆめ鼓さんで良かった。
うちの南天も桜も杏も私にバシバシ切られてるよ〜!
う。。。ごめん。
だって庭狭いんだもん。
こじんまりと育って欲しい。ダメ?
Posted by ミンツあんず母 at 2006年11月22日 20:18
バシバシ切ってても、幹はしっかり育ってるでそ?
お家の木は手入れしてあげないと。
それにしても、南天、桜、杏などが有る広〜いお庭、良いなあ。
Posted by ゆめ鼓 at 2006年11月23日 17:54
もう何年も前の話だけど・・。
前に勤めてた会社の先輩のお父さん。
古くからある庭の木を切った次の日から
足が動かなくなって車椅子生活でした。
そのままその先輩は宗教にのめりこみましたけど、やっぱり木って魂が宿ってるんですね。
お花にも魂はある?
買ってきたお花、枯らすことが多い私はお花に恨まれてるのかなぁ。。。
Posted by こたりんまま at 2006年11月25日 14:56
ゆめさんが通りかかってくれてよかった。

私には見えないから、
当然そばを通っても気が付かないだろう。

だから
見えるものの事は
よく見よう
聞こえる声は
よく聞こう
と、おもう。
Posted by がんちゃん at 2006年11月27日 14:03
うわわわわ。
気がつかんかった。すいません。

こたままさん、
う〜ん、それは考えられないんやけど。
例えば神社などで、御神木などと崇められてる木は、
たくさんの人の思いが籠ってるのであまり触らない方が良いと思いますけど、
自宅の木を切って厄を呼ぶとはねえ。
木でもお花でも、恨んで仕返ししたりはしないですよ。
動物もだけど、彼らはとにかく人間に優しいんです。

がんちゃん、
見えるものの事をよく見て、
聞こえる声をよく聞くだけで、
みんなが幸せに。
Posted by ゆめ鼓 at 2006年12月12日 12:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。