2006年05月01日

花瓶。

「このノリタケ、ネットで売った方が高なると思うねんけど。」

ダンナがオールドノリタケの壷を持って帰ってきた。
赤ロゴのノリタケ、花絵の花瓶、景色は悪くない。

しかし、何かおかしいぞ。
妙に手触りも生暖かく、軽かったり重かったり。

何か憑いていらっしゃるのかな?

右の手と左の手、目を閉じ両の手で確かめる。
何かいらっしゃる様だが、害はなさそう、まあ、しばらく滞在して頂こう。
二階の荷物置き場にしている部屋に置く。


その後、二〜三日して、夜になってから雨が降る。

取り込んでいた洗濯物を取りに二階に上がり、ふとその部屋の扉を開けた時、

うっすらとその花瓶に花を活ける、白いワンピースの女性が、見えた。
posted by ゆめ鼓 at 22:44| Comment(2) | 見えたもの。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふ〜ん。
大事にされていた花瓶なんだね。
白いワンピースにオールドノリタケなんて両家のお嬢様かいな。
なんだか美しい話だ。
Posted by おさる at 2006年05月02日 15:03
う〜ん、大事にされてたんかどうかは解らないの。
それにお嬢さん、悲しそうだったなあ。
まだ、二階に有るけど、さて、どうしよう。
Posted by ゆめ鼓 at 2006年05月05日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。