2006年03月28日

父の声。

十三回忌を過ぎると、父からの声がほとんど聞こえなくなった。
と言うか、何か語りかけては来ているのだが、あまりにも希薄で解からない。
そこまで私には力がない。


三回忌ごろまでは、ほとんどが解かった。
ある時、墓参りに行くと、どうしても墓を開けなければ行けない。
今すぐに開けてくれ、そう聞こえたので、一緒に行っていたダンナに開けてくれるよう頼んだ。
何十キロもある墓石、ダンナも何の不思議も無く、ひょいと開けた。
後からダンナ自体いぶかっていたが。

墓石の中は、水浸し。
そこは霊園建設の際の手抜き工事で水道が有った様で、まったく傍の山からの水が捌けていなかったのだ。

そこから霊園分譲の仏壇屋とかけあい、工事をしてもらった。
工事をする当日も、何の連絡も無かったが、ちょうどその数日前、父にその日に来るよう夢の中で言われたので行った。
それもちょうど私達が到着したその時に、家の墓を工事している所だった。
工事をしている人間の驚いた顔。


一昨年頃から、ほとんど父の声を聞く事が出来ない。
もう少し、父には傍に居て欲しかった。
posted by ゆめ鼓 at 22:32| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
およ、久しぶりに覗いたら…。
今年は母の十三回忌。
今まで見えなくてよかったと思ってたけど、母が亡くなった時には見えたかった。
時々、うつらうつらしている時に名前呼ばれることがあるけど、何を言いたいのかわかんないもんなぁ。
でも、守っていてくれてることだけはわかってる。
Posted by Kiya at 2006年04月06日 20:04
ゆめ鼓さん発見!

実家の母も見えない人と話したりしちゃう人だから、ゆめ鼓さんも何か感じる方かな?って思っていたけどやっぱりそうでしたね。

また、きま〜す。



Posted by ミンツあんず母 at 2006年04月26日 21:14
亀ですいません。

Kiyaさん、
時が経つとどうしても希薄になりますね。
ただ、希薄になっても、確かに想いは残されてると思いますよ。

ミンツあんず母さん、
わはは〜、よく見つけましたね〜。
お母様もそうだったんですか?
私は物心ついた頃、すでにそうでした。
小さい頃から当たり前の事だったので、他の人が見えてないことすら解りませんでした。
その後、自分がおかしいのではないか?悩んだ時期もありましたが、今ではまた、それを受け入れています。
興味がお有りでしたら、またいらしてくださいね。
Posted by ゆめ鼓 at 2006年05月01日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。