2006年02月25日

家守り。

この家を購入する時、当然ながら、何軒も物件を見て歩いた。
当初、私の母もいずれは同居する予定で、私とダンナ、母親の三人で
20件近くは見て歩いただろう。

その家は、間取りや状態、周辺の環境などは何も問題が無く、
とても暮らしやすそうな物件だった。

庭も広く、ガレージスペースを取ってもまだ、愛犬達の遊び場もとれる。
母親も気に入っている様子だ。

が、何故か何処か何かがおかしい。

何度、目を凝らしてみても、家全体に靄がかかっているように見えるのだ。
何者かが家全体をヴェールの様なもので隠している?

元々、私達夫婦には、いつも何かが付き纏うので、
その状態は不思議でもなんでもないのだが、
これは、私達を拒んでいる様だ。

長い時間をかけ、庭もゆっくり見てまわる。
と、不自然に円く埋められた後。
ここには井戸があったのか?

それを家の中を見ている母やダンナに告げようと、家に入り階段を上りかけたその時、
階段の一番上の段のその奥、

凍りつくような目をした小さなお婆さんが座っていた。
posted by ゆめ鼓 at 21:39| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
少なくとも井戸のあるところは、それだけで怖い。

私が高校に入る時にここに引っ越してきたんだけれど、その時は母がそういうものを見れたのでよかったんだけれど、それが怖くてもう引越しできないの。
土地についているもの、家についているもの、怖いでしょう。
実現はしないと思うけれど、もっと田舎の方に住みたいねって話していて、那須の方の家をちょっと見たりもしたんだけれどね。
Posted by Kiya at 2006年02月26日 04:10
およ?
発見。

ちょびっと恐い。
また来ます。
Posted by がんちゃん at 2006年03月20日 16:52
Kiyaさん、
う〜ん、井戸ってのは、沢山の人の想いが込められてるからね…。
たまり水は怖いです。
土地についていたり、家についているものは、普通は何も怖くないんですよ。
ただ、残念を思うものが居る場合はやっかいかな?
普通はあまり気にしなくて良いと思います。

がんちゃん、
発見しましたか。
涼しくなりたい時にまたいらして下さいね^^
Posted by ゆめ鼓 at 2006年03月21日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。