2006年02月06日

知らせ。

先週の土曜日に、母親を連れて墓参りに行って来た。

掃除し、花や菓子や果物を供え、蝋燭を灯し、線香をたむける。
風は強く吹き付けていたが、冷たく乾燥していた。

蝋燭の火で線香をつけたのだが、風が強いので火がなかなか消えない。
何度も火を消して、ようやっと供えた。

母親が自分の信じているお経を唱えだすと、なぜかあっという間に線香の火種が消える。
「あれ?消えたで。」
もう一度火を灯し、供えなおす。
と、たちどころにまた消えた。

やれやれ、これは聞かなくては。

少し聞いて理解した。

「お母ちゃん、帰ったら仏壇の裏を見てな。」
母親が家に帰り、仏壇の裏を見ると、そこには大きな蜘蛛の死骸があったそうだ。

はいはい、解かりました。
婆ちゃん、蜘蛛、嫌いやったさかいな。
posted by ゆめ鼓 at 18:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。